« 2014年11月 | トップページ

2014年12月

2014/12/17

動植物の世界では絶滅危惧種が多いですが、貝も同じように・・・・

昔は当たり前のように落ちていた貝も、今ではほとんど見られないというものも多いようです。

江の島、鎌倉あたりの海岸には、砂浜に桜の花びらが散らばっていて、浜が赤く見えるほどだったと言われる≪サクラガイ≫(通称)もその典型のようです。

今では一日探してもそれほどは???

そんなことを思い起こしながら、海浜を歩いていると、自然豊かで、静かだった姿を・・・・・

Rimg2080c


P4030192

Rimg2078c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/16

可愛いいクラゲの乱舞!!!しかし、恐ろしいものも???

新江の島水族館では、何と言ってもいろいろな≪クラゲ≫が見られるのが最高ですね!!!smile

優美??なもの、可愛いもの、面白いもの、怖そうなものなど、様々なものが見られます。

その上、上手にライトアップされていますから、何とも、ファンタスティックな雰囲気です!!w(゚o゚)w

お目当てのクリオネが居ないのが、チョットさみしいですが・・・・

006

007

008

013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/15

江の島水族館に・・・子供心に戻って!!!

江の島には良くゆきますが、なかなか新江の島水族館には入りません???

それは入場料が高すぎるのが何とも・・・・(つд⊂)エーン

近くの海浜を歩いているとイルカなどのショウが行われていて、歓声がよく聞こえてきます。

この中では、魚たちも素晴らしいですが、クラゲの展示が素晴らしいですね!!!

深海調査船「しんかい2000」が展示されていて、なかなか見られない深海の様子も見られます・・・

何よりの人気はアシカ、イルカ、クジラのショウです。

040

041

049

049c

046c

043


044_3


045_2

なかでも、イルカとクジラが水中ではなく、水面から顔を出して、音楽に会わせて大きな声を出すのには驚きました・・・

047_2

皆さんも一度お聴きなってはいかが・・・・ヽ(´▽`)/

すっかり子供に戻って楽しんできました!!!

今日も最高のお天気に恵まれた・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/13

【ハスノハカシパン】も生息場所でこんなに違う!!!

≪ハスノハカシパン≫

湘南の海岸で見つかるものと、千葉で拾ったものでこんなに大きさが違う!!!

大きさが違うばかりか、厚さが全く違うのは何故でしょうか??

湘南では大きさは最大でも55mm位までしか見つからなかったのですが、内房では81mm位までがいくらでも見つかる。

その上、湘南では10mm位の小さく、壊れやすいものが多く、大きいものでも厚みが薄く、やはり壊れやすいです。

千葉でのものは、55mm位のものもありますが、大きさに関係なく、厚みがあり、重さもあります。

その上、何故か千葉産は丸く、湘南産は歪な円形で、周りもギザギザのものが多いです。

Img_0361

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             径          厚さ

  内房産    58~81mm     8~11mm

  湘南産    10~55mm     1~ 6mm

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海岸の貝の量、大きさが湘南に比較して、千葉は量も圧倒的に多く、同じ種類でも大きい。

これは何を意味するのでしょうか??

素人の考えですが、黒潮などの関係で、エサが豊富で暖かいのではないでしょうか??

そんなことを考えていると、こくり・・こくり~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/12

烏帽子岩付近で、蜃気楼!!!???

アッ、蜃気楼だ!!!???

烏帽子岩は海中から突き出した、確か独立した岩だったように???

ふとみると、その周りに陸地があり、それが海面から浮き上がっているように???

どう見ても陸地が海面に浮いているように見えます。

冬の暖かい日に、小春日和の天候・・・絶好の蜃気楼の発生条件???

001

いつも見ていて、こんなことは一度も???

仲間と一生懸命に見ても???

それでは写真にとっておき、あとで拡大してみようと・・・

これがそうですが、どう見ても浮き上がっています。

その前を通る船はちゃんと海に浮かんでいます。

    ???????????????????

帰宅して、烏帽子岩を調べてみると、この付近は沢山の岩礁があって、姥島と呼ばれている。

これらの島は干潮時には水面に顔を出すことがあるそうです。

ナーンダ!!!

蜃気楼ではなく、干潮だったのです・・・゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

茅ヶ崎海岸あたりで見ると、縦に並んでいるので、烏帽子岩しか目立たないのでしょう???

これがもう一つの姿・・・

でも、いいか・・・一瞬でも!!!

002

004

003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/07

放っておくと綺麗になる≪ユキノシタ・御所車≫???

良く世話をしている時には、どんどん先祖がえりの株になってゆきました。

斑があまり無くなった株を寄せ植えをして置きましたら、最近になって、全てのものが綺麗な、元の名前通りのようになってきなした。




005

今年ダメならと、あまり世話もせず、放置しておいたのが良かったのかな???

へそ曲がりなのかも???

陽があまり当たらない、ところに放置したのが斑入りには幸いしたのかな・・・o(*^▽^*)o

それでは今後はそのように・・・・今度は僻むなよ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉢植えを直か植えに・・・これで外作業は終わりに・・・

今日はしばらくぶりに小春日和の暖かい日です。

この時を待っていました!!!

鉢植えでは、夏の水遣りが大変・・・しかも鉢植えでは寒さに弱い。

わずかにある場所に直に植え付けたので、これからは手間が省けて、その上、植物には幸せだと思いますよ・・・smile

今、たっぷり水遣りしてあげて、ほっと一息・・・(* ̄ー ̄*)

来年は???、今まで以上に花盛りに!!!???

これから昼食を摂り、更にテーブルの仕上げをして、今日の作業は終わりヽ(´▽`)/

このまま穏やかな天気なら、夜はちょっと・・・・punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンアオイが、今、開花していますが・・・・

町田の雑木林で見つけたカンアオイですが、こんな時期に咲いています。

12月から1月頃に咲くようです。


007011


008


010


008_2

一緒にあるアマギカンアオイは春に咲きますので、今は古い葉が茂っています。

折角ですから、大切に・・・

冬支度の中で、咲いてるのを発見・・・地味ですが、好きな花です!!!

アマギカンアオイは良く殖えて、もう少し、紫色の濃いなかなかいい花ですよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/06

なんとか、冬支度を終えて、今度は自分の番です・・・年越しの準備を!!!

急な寒波で慌てて庭の冬支度を終えたばかりですが、今度は、自身の冬支度、年越しの準備に入っています。

001c


002c003


困ったことは、庭は冬の装いをしたあとですが、陽の強さは結構あるので、密閉してしまうと蒸れたりして、かえって一気に枯死させることになるのが怖い時期です。

今日も日差しは大変強く、昨日、エアキャップで囲ったものの中が心配です。

しかし、風は冷たく、気温は低いです・・・(ノ_-。)

それでも、乾燥は困るので、これから水遣りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/05

オモシロい焼酎を・・・掛川の栗焼酎『自ら』ゲット!!!

ラジオで聞いた焼酎が気になり、問い合わせてみると、あと1ケースのみしかないとのこと。

さっそく送ってもらいました。

どんな味なのか、楽しみです!!!

掛川が良品の栗の産地だとは知らなかったのですが、その理由は、品物がいいので、各地からの要求で、栗製品の材料として出荷されてしまい、地元では特に商品がなかったようです???

それを残念がって、地元の人たちが工夫をして、いろいろな栗商品を開発し、地場のものとして販売を始めたものの中の一つがこの栗焼酎『自ら』だそうです。

011





013

http://shizufan.jp/netamap/seibu/72249/

http://www.kakegawa-kankou.com/news/3484/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/04

≪ハスノハカシパン≫がこんなに!!!

今回、房総半島で見つけた≪ハスノハカシパン≫今までは、小さく、薄いものなので、壊れやすかったのですが・・・・

今回はタコノマクラと間違うくらいに大きく、分厚く、壊れにくいものが沢山見つかりました。

貝ではなく、ウニの仲間なのですが、何となく愛嬌があり、ついつい拾ってしまいますね・・・(・∀・)イイ!

それでもよく見ると、完全なものは少なく、どこか破損しています。

おもしろいところに一つの穴があり、ここが????です。

模様も少しづつ異なっています。

004

(表面)

021

006

009

011

016

017

023

(裏面)

008

012

015

020


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

イッちゃんに新しい巣を・・・今度はしっかりと!!!

悲しい結末だった前回の反省から、しっかりした巣を注文し、やっと、手に入れて、早速セットしてあげました。

003005


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/03

イッちゃん、ごめんなさい・・・

申し訳なくて、手を合わせて・・・・(´;ω;`)ウウ・・・

まさかこんなことになるとは、考えも及ばなかった・・・sad

ようやく待ちに待った、イッちゃん達のの可愛いい赤ちゃんが生まれると期待し、今度こそはと確信していただけに、今回だけは何とも言えないくらい大きな衝撃・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!

先月末に、半年以上待って、イッちゃんのお婿さんが決まり、持ち帰ってきて、あれから2カ月。

6個の卵を産み、2羽で一生懸命温めて、予定の孵化日が来るのを日々楽しみに、そっと覗いていました。

そんな先週末に、朝、パソコンをしていると、何やら籠の何かをガタガタ鳴らしているので、心配で、そっと覗いてみると、卵の殻が落ちているので、やっと生まれたかなと一瞬喜んだが・・・???

何故か、盛んにアミの下の落ちた殻を取ろうと、必死に床の網状になった針金に顔を突っ込んでいる。

理解ができなかった???

その近くを見ると、半分の殻には、何と雛らしきものが入ったまま、落ちていた????

取り出してみると、生まれる数日前の姿のヒナが死んで???

これを何故か取ろうとしていた。

その奇妙な行動の原因は、今日やっと理解でき、鳥の行動を誤解していたことが恥ずかしい。

浅ましいことを考えていたことを謝らなければならないと・・・

こんな小さな小鳥がそこまで考えて、必死に行動していたとは、信じられない思いとともに、そんなことすら理解してやれなかったことに・・・・悲しい!!!

一つ目はその状態でした。

その後は、2羽は何事もなかったかのように、しかし、いつもはあんなに優しい顔をしているイッちゃんが、そっと覗くときには、キッと睨みつけるようになっていた。

そして、昨日、出かけてきて、夜にかえって見ると・・・

出先でも、今夜には順番に生まれているだろうと、期待しながら・・・

衝撃でした!!!

なんと、4個の卵が床に落ちていた。

早速、取り出してみると、ほとんど割れていないどころか、落ちた時に床の網でついた凹み(中が見えるほどのものも)くらいで、親鳥がくちばしでつついたりした後がなかった???

どうしてだろうと、いくら考えても理解できないばかりか、鳥屋さんでいた時に生まれた雛を取られたことを覚えていて、今度もまた取られるなら???・・・と突き落としたでは???とまで推測した。

仕方なく、一つ一つ割ってみて確認をしましたが、一つ目と同様、生まれる直前の姿になっていました・・・残念・・・・どうしたもんだろう???

それでも、あと一つだけは残っていたので、そっと、周りの騒音などの邪魔が入らないように、カバーをいつもより・・・・

しかし、何となく落ち着かない様子の2羽でした。

そして、今朝、2羽が盛んに鳴いていたので、確認してみると、えっ!!!!

残りの1個が、またしても落下していた。

すぐに取り出してみて、そっと欠片を少し開いてみると、昨日よりもっと、ほとんど生まれる姿で・・・僅かに生きているようにも・・・???

しかし、すでに2羽は巣の外にいる。

仕方なく、これではもう抱卵を放棄したものだから、無理だろうと雛に手を合わせて・・・

だが、どうしても信じられないし、理解もできない・・・・

これまで、ここまで極端な親鳥の行為は見たこともなかった。

どうしようもないので、今まで抱卵中はなるべく水を少なくしていた水浴びをさせないようにしていた水入れを洗って、今まで産卵から、長い抱卵で疲れたろうからと、なみなみと水を入れてあげてから・・・・

籠を覆っていた布を取り払って、汚れていた床を掃除しようとして、もしやと????・・・・巣の横を見ると、大きな穴が開いていた・・・・あ~~~~

こんなに大きな穴がいつ????

ここから卵が落ちたのだろう???

すでに親鳥は巣を離れて、ぼうっとしている・・・・

はっと、我にかえって、もしや、先程捨てた卵はまだ生きていて、巣に戻せば温めてくれるのではないかと、ゴミの中を必死に探し出して、殻を少し開いて触ってみると、わずかに嘴を開いた!!!

すぐに、冷え切った卵を手で温めながら、巣の中に入れて、様子を見た・・・・

しかし、数分後に見てみると、卵は床に落ちていて、親鳥は温める気持ちが無くなったのでしょうか???

もう、これ以上は無理だろうと、取り出した。

何ということだろう・・・今までどうして???どうしてこんな穴を開けたのだろう???

これまで、何十年も飼ってきましたが、こんなことはなかった。

こんな事態なった原因はすぐに・・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!

そういえば、今回彼らが帰ってきたときに、すぐに卵を産むのではないかと、ホームセンターに巣を買いに行ったが、いつも様な産卵に適当な大きさの巣がなかった。

子育てには少し小さいのではないかと思ったが、事は急いでいるので、まずはこれで卵が落ちないように入口を高くして、固定しておいた。

それ故に、巣藁が付いていたが、新しい巣なので、中は毛羽立っている。

これ以上巣藁を持ち込むと、卵が転がり落ちる心配があったので、はじめて、巣藁を入れずに・・・・

そのためなのでしょうか??、彼らは卵のために柔らかい床を作るために、必死に巣の材料を引きちぎっていたのでしょう。

その上、悪いことに、今回の巣は今までの様に丈夫なものでなかったようで、(買ったところに持って行ってわかったことですが、今までと違うところから仕入れていた・・・中国製でした)作りも何も粗悪品で、あっという間に(1カ月で、信じられない)バラバラになってしまったようです。

はじめての抱卵ゆえ、できるだけ覗かないようにしていましたので、横に空いた大きな穴を見つけられなかったという皮肉なことでした。

これまでも巣はくちばしで引きちぎっていましたが、一年くらいではびくともしないものでしたが、今回のものを見て、愕然としました。

ザクザクの作りで、これならばあっという間にバラバラになるのは当然でした。

またしても中国製という粗悪品のために・・・・(# ゚Д゚) ムッカー

販売店に壊れた巣を持参して、今後こんなものを販売しないように強く・・・!!!!

起こってしまったことは仕方がないので、元のところのものを注文して・・・

待ちかねているイッちゃん達に早く・・・・smile

11/25書いたもの:どうしてもショックで・・・・(´;ω;`)ウウ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

≪ヤマモガシ・ハケヤ・セリケア≫がこんなに大きくなりました・・・楽しみです!!!

113

11㎝まで成長し、どうやらこのまま育ってくれそうです・・・smile


| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜しい???富士山頂上から赤い噴煙を・・・・噴火か???

昨夕方、駅の通路から見た富士山の頂上から赤いものが立ち上っていたので、これは大変???

もしかしたら、噴火の兆し????

カメラを取り出して・・・撮るころにはただの雲になって、流れてしまって・・・・残念???

左側の雲が、頂上の上にあって、そこに夕日が当たって、その雲だけが赤く染まっていたのでした・・・smile

010

お騒がせして失礼を・・・・モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/02

千葉もいいね!!!:木更津

富津海岸の帰途に、木更津駅前あたりをふらりと・・・・045
駅そばにあるお寺の光明寺は切られ与三郎の墓があるというので、ちょっと・・・

041

歌舞伎の演目にあることと、春日八郎の唄「お富さん」でしか知らなかったのですが、実在の人物であったことも知って驚きました。044

それにちなんで・・・こんなものまで・・・商店街の名前も・・・034

更に、ここに童謡の「証城寺の狸囃子」で有名な証城寺があったこともはじめてでした。

駅頭にはこんな!!!!

047

048

 

童謡の証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)は、作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。千葉県木更津市のこの寺に伝わる「狸囃子伝説」から・・・。

ここから、横浜までは1時間弱で行くところですが、3連休の終わりでもあるのか、アクアラインで2か所の事故で、3時間かかって・・・

でも、お蔭でゆっくり疲れを取ることができました・・・ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

思えば、千葉にはあまり縁がなかったのですが、これを機会にいろいろと出かけることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/01

湘南海岸と違ったビーチコーミング・・・房総半島;富津岬

いつかは行きたいと思っていましたが、身近な湘南方面と違って、時間と経費が掛かるのでこれまで行けませんでした。

今回、思い切って・・・・・調べてみると、東京湾アクアラインを通る、高速バスが有ることを知り、早速、行ってみました。

006

海岸で練習中のモーター・パラグライダー
008

富津岬展望台から、左:東京方面。右:館山方面
012
富津岬の本当の突端。向こうに見えるのは第一海保(保は下に土)

013
明治時代の要塞

025
先端方面。浜は貝殻だらけ・・・

026
漁船でしょうか??

027

館山方面
028
貝、貝、貝・・・

029
富津公園

030

千葉とは言っても、木更津からの富津岬でしたが、やはり、想像していた通りでした。

しかし、ビーチコーミングの収穫は、はじめてにしては、まあまあのものでしたが、それ以上に楽しむことができました。

木更津や富津は、海水浴場であるとともに、潮干狩りのメッカということで、遠浅の砂浜がどこまでも広がっているため、二枚貝がほとんどでした。

黒潮の恩恵なのでしょうか、栄養分が豊かなので、貝などがすべて大きく育っていて、また、おびただしい貝殻の数は、その資源の豊かさを・・・・

はじめてであったために、場所などの的が絞り込めないので、同じようなものが多く、種類は限られたものでした。

そんな中で、湘南海岸では小さく、薄いものしかほとんど見つからなかった≪ハスノハカシパン≫の立派なものが、沢山見つかったのは!!!

003

(大きく目立つので、朝早く行く人に拾われてしまっていたのかも??)

また、貝それぞれが大きいのが驚きですが、特にヤツシロガイ、アカ二シの巨大なものなど、名前は判らないものですが、二枚貝の大きさには驚きでした!!!

002
楽しみにしていたもの??が見つからなかったのは次回の楽しみに・・・

帰路に入った食堂での食事は、まあ期待通りでした・・・実は以前来た方の話から、期待どころか、心配をしていましたが???

031

次回、行ければ同じ店に入り、生ものを!!!・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ