イチロー選手

大ファンのイチロー選手の活躍/応援/私見

2014/11/26

やっぱり、イチローの選択は間違っていた・・・残念!!!

書きたくないですが、書かなくては・・・・(´;ω;`)ウウ・・・

適切なマネージャー???、アドバイザーが居ないからか・・・・(。>0<。)

近いうちに書きますが・・・今は???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/24

はっきり書きましょう・・・ジラルディ監督はイチローが嫌いなのですよ!!!

こうとでも書かなければ、気が済まないし、説明も付かないジラルディ監督のイチロー選手の起用法です・・・(# ゚Д゚) ムッカー

昨シーズンの終盤にイチローとイバネス選手に助けられて、監督を首になることを免れたことを忘れたのかな・・・・

どんなにイチロー選手が活躍しても、偏見を持っているので、かえって意地悪な使い方をして、故障や成績が出せないように起用してきたとしか言えないような、根性の悪い監督ですね・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

こんな監督のもとで選手寿命を縮めているイチロー選手は・・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

当然、契約の切れる来シーズンは、あのチームで???、活躍して、まだ経験していないチャンピオンになって、うっぷんを晴らして、見返してほしい・・・(・∀・)ニヤニヤ

その前にジラルディ監督が首になる姿を早く見たいものだ・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/09/11

今日のイチローの姿(打撃)で彼の評価は決まった・・・悲しい!!!

レイズとの試合で第一打席3球三振、第二打席はようやく2点を取り、あと1点リードされている場面で、ヤンキースの打者が懸命に粘って、出塁し、満塁にまで詰め寄りましたが、イチローが初球の外角低めのボールを打って、簡単にチェンジ・・・ヽ( )`ε´( )ノ

その前の2人の打者が懸命に粘って出塁し、2死満塁としたにもかかわらず、前の打席で三振と凡打してる同じ球を打って、セカンドゴロ・・・・

そのあとの打席でも、同じように攻められて三振を・・・・

今の彼は外角低めさえ投げていれば、まず凡打か三振です。

それはそうでしょう。。。

ここ2年余りの打撃スタイルは、スイングの時に後ろにスウェイしているので、また、ボールを最後まで見るということをしないで、自分勝手にボールと見定めて、後ろに下がってしまう。

あのジータ―選手の姿を見れば、ボールがキャッチャーミットに入っても、まだ見定めようとしている。

そんな素晴らしいスタイルの選手が目に前でいるにもかかわらず、自分勝手な自惚れに近い見限りをするのを見ていると、これでは野球を見ているファンは離れてゆくように思います。

残念。。。(´;ω;`)ウウ・・・

やはり、そばに適切なアドバイザーがいないことが彼の不幸であると言い続けてきましたが・・・・・

おそらく、来期はどのようなことになるのか心配です・・・(。>0<。)

見限って、買い物に出て帰って結果を見ると、試合は勝って、イチローはヒットを打って打点も上げていますが、試合が決まって、どうでもいい??、勝負が決まった後で打っても評価は、感激はなく残念。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/29

あれほど素晴らしかったイチロー選手が、今????

長い間、応援してきましたが、いま、イチロー選手に対して、残念ながら少し?????

幾度か指摘してきましたが、ここ数年の打撃のスタイル、考え方が頑なになってしまい、これでは成績も悪くなるばかりか、イメージすら????

まず、あの構えですが、相手を威嚇するような剣道のようなスタイル

成績が良かった時代は、あれも十分効果もあったのでしょうが、今ではむしろ何を気取っているのと、まるでドンキホーテのようにも・・・言い過ぎでしょうか???

そのために、ボールが来るまでの間合いが遅れて、十分な待ちの体制ができず、遅れているように見える。

そのため、当てるだけがやっとの内野ゴロなどの弱弱しい凡打があまりにも多い。

更に悪いのは、ボールの見極めが早すぎて、きわどい球を自分勝手にボールと決めてしまい、打席から出てしまうばかりに・・・・・

あれでは審判の印象が悪く、きわどい球をストライクととられて、無念の見送り三振が多い。

それに比較して、ほとんどの好打者は、ぎりぎりまでボールを見極めている。

特に1、2番を打つチャンスメーカーの打者は・・・ガードナーやジータ―のボールを見送る時のしぶとさには感心するし、同じ三振をしてもベンチの印象もいい。

もう一つ言えば、もともと姿勢よく、真っ直ぐに構えるスタイルですが、それはどんな球にも対応できるためのものだったと思っていましたが、同じように見えるあの構えが、なぜかインコースを鋭くつかれると、打てそうにないように見えるので、相手投手はそこを思い切って投げてくる。

思い切って、これでも打って見ろという気合の入ったボールを投げると、良いコースに決まったり、ボールが生きてくるので、打つことが難しい!!!!

以前は、相手投手はそこに投げることを危険だと知りつつ投げるので、思い切った球ではなく、打ち損じを期待するような弱気な球なので、打ち易いようなボールになっていたように????

また、コースを外れてボールになることが多かった。

その上、イチローなら塁に出してもベンチも仕方ないと思ってれていましたが・・・????

これまでは、イチローが出てくると、何とかしてくれる、塁に出るという期待があったので、三振をしても、イチローなら仕方ないかと思ってくれていたが、今ではやっぱりダメかという思いで、観衆のざわめきもほとんどない。。。。。

     !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そこでまずは、一番気になり、印象の悪いボールの見極めの速さをあらためて、しぶとく、ボールを見極めるというスタイルに変えることが大切で、これにより、三振が少なくなることは間違いない!!!

そして、同時にあのボールを待つ構えが遅れてしまう要因で、相手投手もそれを狙って、モーションを早くして思い切って投げ込んでくるので、構えを研究し、改善することが・・・・・

随分偉そうなことを書きますが、それほど気になることなのですよ・・・・

イチロー選手も年齢的な衰えは隠せないことを、自分で感じているでしょう。

守備は今までの経験や予測もでき、時間的な余裕もあるが、投手と打者の距離は同じですから、ますます高速になってきている速球、変化球に対応することが難しくなってきている。

更に、足の速さはあまり変わっていないでしょうが、盗塁の成功率が下がっているのは、何分の一秒というスタートに対する反応が悪くなっているのでは???

それ以上に、走るべきところで走らないということは、これまた逆の見極めと思い切りの悪さは、もしかしたら、自分の足に自信が????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/20

クラッチヒッターを目指せイチロー選手!!!!

メジャーでのクラッチ・ヒッターと言えば、歴史的にはミッキー・マントル選手が記憶に残っていますが、現在のメジャーでは、レッドソックスのオルティス選手が!!!!

クラッチ・ヒッターとは、データ的には得点圏打率が高い選手と言いますが、特に決まった基準はない・・・

一般的には、チャンスに強い打者、勝負強い打者がそれに当てはまるでしょう。

一方、イチロー選手は今ではチャンスに弱い代表的な打者???と言えるような状況です。

本当に歯がゆい姿です。

イチロー選手がメジャーに移籍してからは、チャンスに強く、相手チーム、投手から最も警戒されるほど、チャンスには何とかしてくれる、相手にとっては厄介な打者でした。

 

それ故、相手チームの監督からはチャンスでは敬遠も含めて、塁に出してもいいが、打たせないようにと指示されていたほどでした??

それでも、とても打てないような球を投げても、バントを含めて、とんでもないボールすら打ってしまうという軽業師のような打ち方でヒットを打つので、手の付けられない打者として嫌がられてきました。

それがここ数年、マリナーズ時代の終盤からは、塁に出て、次につながなければならない場面でも、何でも打って、相手の術中にはまってしまい、負け試合の原因とまで言われるようになり、チーム内でも浮いていたようにも・・・・・・

それ以来、現在に至るまで、時に爆発的な活躍をすることがあるけれど、ほとんどのチャンスで三振、内野ゴロなど目に余るような凡打で、観衆をがっかりさせています。

ここでも、このことを何度も書き、イチロー選手に考え方を変えるように指摘してきましたが、何故か書いた一時期だけは、四球など、塁に出ることを心がけているように思えましたが、少し調子が出てくると、早打ちをして、そのうちに同じように、チャンスに凡打を、三振の山を・・・・

今シーズンはシーズン当初に5番目の外野手として、控えであったのですが、3,4番目の外野手が成績不良、怪我などで脱落したおかげで、3番目の外野手として、先発出場していますが・・・・??

ヤンキースは、特にジラルディ監督は、決して、イチロー選手をかっている訳ではなく??、当初予定した選手の成績や故障のために、仕方なく使っているだけです。

何とかトレードで外野手を獲ろうと考えているので、それが実現すると、イチロー選手は、またまた控え選手(便利屋)になることは目に見えています・・・

残り少ない野球人生をそんなチームの中で埋没してしまう日本の誇りを見るに忍びないと思っているのは、小生だけではないのでは???・・・・

イチロー選手よ、チャンスに強い、クラッチヒッターを目指してほしい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/22

これがここ数年のイチロー・・・・これではレギュラーは???

情けないイチローの現状・・・・???

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140622-00000022-dal-spo

チャンスに、悉く三振または凡打、それも相手に馬鹿にされるような当てただけのふらふらの打球???

どうしてこんな打者になってしまったのか?

この試合の姿がここ数年の彼の姿を象徴していると言えます。

 

これではいくら打率、出塁率などのデータだけが良くても???・・・・(´;ω;`)ウウ・・・

彼なら、進塁打を打つこと、また外野へ犠牲フライは何でもない??ように思いますが、それをしないで、何を考えてバッタボックスに立っているのかが、信じられない。

これでは他チームから欲しがられないでしょう??

チャンスに打てない、仕事ができない選手は魅力がないのではないか??

また、当てるだけの打者では、メジャーには似合わないと言われる・・・・(´;ω;`)ウウ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/19

ヤンキースに最も似合わない打撃スタイル???・・・イチロー選手

最近ヤンキースの試合でイチロー選手が出たときの打撃のスタイルを見ていると、何をカッコつけているのと言いたくなる・・・・`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

         ???????????????????

今年のヤンキースはホームランでしか得点できない。

得点圏でのヒットは17回に一回くらいで、あまりに酷い(#゚Д゚)y-~~イライラ

その原因はたまに打つホームランを実力と過信して、つなぐ野球ではなく、一発を狙う??ことがほとんどの打者に言える。

下位打線にもかかわらず、一発を狙うことがほとんどすべて・・・・

その要因は監督が打順を日替わりで変えるので、自分がどのような打撃をする打者か、自分の立場、位置を理解できない。

たまたま、数試合、ホームランを打つと、3,4,5番に据える。

そして、今まで中心打者だった選手を下位に置く。

そのため、下位に置かれた選手は、元々、長打を期待されて入団してきた選手なので、その打撃スタイルをする・・・

当然振り回すことが習慣である。

急に変えることができないし、下位から上位に戻るためには、大きなものを打って、結果を出さなければならない。

逆に下位打線でつながなければいけない打者が突然、上位に、中心打者に置かれるとその気になって振り回す。

結果として打撃スタイルを壊して、成績が下がるということになる。

これの典型が一番打者としてレッドソックスで実績をあげて、今シーズンからヤンキースに破格の金額で引き抜かれたエクズバリー選手です。

今まで一番に置かれて彼らしい素晴らしい働きをしてきましたが、それを見た監督が彼を3場に置いたとたんに打てなくなった。

    ************************

一方、この様子を見ていると、こんなチームで一人孤高を保っているような構え、打ち方、スタイルを続けているイチロー選手を哀れに思えて、また、ドンキホーテを思い起こさせる・・・

 

他の選手と全く違う構え、見逃し方(ボールの見切りが早やすぎる)、打ち方、打球の弱さ(当てるだけ)にはチームから浮いてしまっている。

 

しかも、チャンスに全く打てないし、勝負が決まって、どうでもいい時に出塁し、打率だけはチーム一番???

以前、あのファイトあふれるスタイルで(ヘッドスライディングなど)一世を風靡したピートローズから、ヒットの数だけで内容が?????と揶揄されたことが現実のものになっている。

こんなことを書かなくてはならないことが悲しい・・・(´;ω;`)ウウ・・・

今のジラルディのもとでは、イチローを評価されることはないし、便利屋として利用されて、使い捨てされることが目に見えている・・・・・(# ゚Д゚) ムッカー

早く、こんな監督のもとを離れて、以前のイチローらしいハツラツとしたプレーを見たいものですが・・・・

それにはイチロー選手自身の考え方、決断がすべてです!!!!

    ***********************

しかし、イチロー選手が出た試合ではなぜか勝つことが多い!!!

こんなに勝利の女神に愛されているイチローを出さないことにヤンキースファンならずとも、不審だし、不満であるので、ジラルディ監督に、ヤンキースにいずれはイチローの呪いが・・・・・\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/24

イチローよ、何故、こんなにチャンスに打てなくなってしまったのか???

マリナーズの最後の2年前くらいから、ヤンキースに来てからのイチロー選手はチャンスに極端に打てない姿が!!!!

悲しいほどです。

打率など記録上はそこそこですが、内容は惨憺たるものです。

これでは監督、チームの信頼は得られない。

何が悪いか???自分なりに考えると????

ランナーがいない時には、リラックスして、好きなように構え、打っている。

それに対して、ランナーがいる時には、いいところに打とうとして、狙いすぎて、当てるだけの全く力の入らない振りになっている。

だから、力のないゴロや内野フライという最悪の・・・・・

また、消極的になっているので、チャンスに三振が非常に多い。

強く振って、強く打つという大原則を忘れて、テクニックばかりを優先して、小細工をしているように。。。。

マリナーズの良き時代には、強く打つていたので、打球は内野間を抜き、ベース際を鋭く抜いて、長打になり、疾走する姿を満喫したのを・・・・!!!!

そして、時にはセイフティバントで相手をかき回す。

爽快、痛快でしたね!!・・・ヽ(´▽`)/

それが、ヤンキースに拾ってもらうために???、また、ジラルディ監督に使ってもらうためにびくびくしながら野球をやっているように見える???

そこまで、何故????

    ********************

しかし、最近、イチローの姿に今までにないものを見ています。

それは四球が多いということです。

イチローと言えば、早打ち、悪球打ちで・・・・

いかし、これが前段のことと合わせて、あまり良くない結果となったので、修正をしているように???

もともと、目がいいから、悪球も打てるので・・・・

それでも、最初のうちは審判の判定に頭を傾げたり、自分の感覚と違って、見逃し三振が多かったのですが、ごく最近では、慣れてきたのか、四球で出塁が多くなり、出塁率も4割を超えています。

これこそ、イチローの神髄と思われる、今までと違ったイチローの姿を塁上に見せています。

いかし、後の打者の凡退で帰還できないことが多いのは残念ですが・・・

今、多くの野手の怪我で監督もやむを得ず、弁解がましく、イチローを使わなければならないことになってきました。

上位で打てば、もっと、勝敗に貢献できることになり、スーパースター、イチロー選手の姿が躍動することのなるかも・・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

    ??????????????????

ちょっと気になるのは、イチロー選手の打席での構えた姿に(棒のように立っている??)力強さや迫力が全く感じられないくなったのが????

あの振り打法と言われる姿の時には、躍動的で、しなやかな柔軟性と力強さ、迫力もあったように・・・

今の姿は、日本武道、剣術の静の、音なしの構えかもしれないが???

今後の復活を期待したい!!!!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も、またいやな負け方・・・・・・、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/14

甘い・・・黒田投手よ、なぜ気が付かない!!!

イチロー選手の病??も重傷なら、もっと、重症なのは黒田投手でしょう???

 

いま、行われているレッドソックスとの試合で、先日書きましたことがΣ(゚д゚lll)アブナッ !

よく見てください!!!

 

先頭打者からいきなり狙い撃ちされています。

 

いつもの悪いパターンで、打ち崩されてしまいました

後半戦になってから、早い回に打ち込まれて、試合を壊してしまうことがつづいています。

今日も・・・・

どうしてこれほど素人でもはっきりとわかっていることをキャッチャーが、コーチ、監督が指摘し、改善しないのか信じられない??

今のヤンキースは後半に大量得点で逆転をしたり、追い上げたりしていますが、繋いで打ち崩して勝ったのはほとんどない。

勝ったほとんどすべての試合はホームランが出て、勝っているに過ぎないヽ( )`ε´( )ノ

これは昨シーズン終盤に、イチローとイバネスの奇跡的な活躍で勝ったことと同じで、こんなことは続かないでしょう???

その原因は、イチローにもあります

本来、長距離打者ではないが、野手の間を技術で抜いて、長打になっているだけで、彼の良き時代は、何と言われようと、バント安打を多用しながら、強打をする手におえない頭の良い打者でした。

今は、当てるだけの打ち方なので、投手は打たれても怖さがないうえ、野手の守りがそれに対応する守備をとっている。

そうそう、黒田投手のことですが、結論から言えば、また指摘しますが、彼は球威で抑え込むという投手ではないです。

巧みな配球とコントロールが生命の投手だということを、前半戦にあまりに勝ったために、忘れているのでは???

しかも、年齢ゆえか、ヤンキースの監督の決まりきったローテーションで、調子が悪くても、疲れていても使う上、100球というつまらないことにこだわっている。

また、勝利投手の権利を考えすぎて、交替もしない。

絶妙のコントロールで低め、外角にビシビシ決めてきたが、疲れのためか、鋭さのないお辞儀をするようなどろんとした球になっている。

もちろん、変化球にもキレがない上、きわどいコントロールがない。

それを各チームは完璧に狙って、打ってきている!!!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

外角と低めに絞り込んで、各打者が選ぶか打つかを決めている。

ある打者は低めを捨てている??

もともと、メジャーの打者は低めが好きな打者が多いし、長打を、ホームランも多い!!

また、体格がよく、腕も長いので、ベースのサイズが同じなので、外角がそれほど遠くない!!!

これほどはっきりしているときに、それほど球威のなくなった黒田投手の球はそれほど脅威ではない。

メジャーNO.1の強打レッドソックスの打者が見逃すはずはない!!!

完璧に狙われて、外角低めを完璧に狙われて、打ち込まれてしまい、負け試合の状態に???

あのダルビッシュでさえも、コントロールミスをすればあっという間に長打を浴びて、このところ勝てない。

昨年は前半戦に負け試合を大量得点で逆転をしてもらい、勝ちを拾っているうちに、後半戦でコーチのアドバイスを受け入れて、自信を付けて、学習をしてよい成績をあげました。

今シーズンはその自信と良きコーチのアドバイスを受けて、見事な成績を上げてきましたが、以前指摘しましたように、後半戦になってからは好投はしていながら、勝てないというジレンマに・・・

また、レンジャーズが良い打者を放出したために、打てない、点が取れないということで、急降下をしています。

これにはダルビッシュ投手の成績と比例しているので、その責任は大きいと言える。

これだけ考えると、どうしてかと考えたくなります????

とにかく、ヤンキースは、折角、主力打者が戻ってきて、どんな形でも勝ってきて、追い上げてきたこの大事な試合で、このような試合をしては、悲しいです(´;ω;`)ウウ・・・

早く、気が付いて、打者以上の分析、研究をして、立ち直ってほしい!!!\(;゚∇゚)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/03

予想通り!!!・・・・≪イチローよ、一応ヤンキースのピンストライプを着たから、もういいでしょう・・・≫

本当に残念ながら・・・・・予想通り、ヤンキースでは控えの選手になってしまいました(´;ω;`)ウウ・・・???

 

今までは、そのような記事を書いてきましたが、多少の期待をしていましたが、ここしばらくの使われ方を見ていると、ヤンキース、いやいや、ジラルディ監督はイチローをレギュラーとして使う気持ちはさらさらないことが判りました(# ゚Д゚) ムッカー

 

今までのレギュラー選手が帰ってくるまでのつなぎとして、いいように利用されたと思う。

 

イチローよ!!!

 

もういいでしょう。

 

どんな条件でも、すべてのプライドを捨ててまで、ピンストライプのユニフォームに袖を通すことを願ってきたようですから、一応、それが達成されて、しかも、4000本安打の記録もこのチームで・・・・

 

ここからは、イチロー選手を本当に評価し、必要と思ってくれるチームに移籍して、これからの野球人生を全うしてもらいたい!!!

 

そして、前人未到のメジャー記録の数々をつくってもらいたい!!!!

 

今から、自身でトレードを希望する、異例の発表をして、できるだけ早く、すぐにでも、新しいチームで活躍してもらいたい。

 

彼なら、すぐにでもいい条件で受け入れてくれるチームは沢山あると思う。

 

これからは単年度契約で、毎年、違ったチームで活躍するのもいいのでは・・・・smile( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧