スポーツ

2014/10/06

いかにも緊張感のない、鍛えられていない選手たちの集団・・・ホームラン病に取りつかれたエンゼルス・・・

今進行中のメジャーの試合にて:エンゼルス対ロイヤルズ

余りにお粗末な打撃に、笑ってしまうエンゼルスの巨砲・・・いやいや、虚砲たち・・・(´,_ゝ`)プッ

ロイヤルズの各選手たちと表情が全く違う・・・・

あれほど素晴らしかったハミルトンまでが病気にかかってしまっていた。

このチームを見ていると、今シーズンのヤンキースを見ているよう・・・( ゚д゚)ポカーン

イチローまでがその病気にかかっていた様子が思い出される。

ホームランでしか得点できないというか、全員がその時の状況を判断できずに、ホームランを狙って、凡打を、ダブルプレイを・・・試合をぶち壊していた状態は、まさに今のエンゼルスが・・・・(#゚Д゚)y-~~イライラ

一方のロイヤルズは、スモール・ベースボールをそのままに、各選手の真剣な、闘志あふれる表情、プレイには感動が・・・・そして、最後まであきらめない野球が、感動的な逆転劇などの試合を・・・・w(゚o゚)w

ベンチでの選手の姿、表情がこれほど対照的なのも・・・これでは試合にならないですね・・・(´,_ゝ`)プッ

こうゆう考え方のチームこそ、来シーズン、イチローが移籍するなら選ぶべきチームだと・・・

エンゼルスの監督の姿、表情は、選手たちの体型、姿、表情そのものですね・・・(´,_ゝ`)プッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/01

ジータ―選手、まずはお疲れ様!!!

この姿を見たときに、大人の世界を実感し、鳥肌立ちました・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ichimurajunko/20140930-00039533/

戦場で??いくら激しく戦っても、試合が終われば、ノーサイド!!!!

人間同士に戻る姿に、羨ましく・・・・

では、自分の足元の、身の周りを見ると、浅ましくも、恥ずかしい人間関係が・・・・

今回のジータ―選手の引退劇、昨年のリベラ選手などの引退セレモニーなどを羨ましく見ている!!!・・・happy01

イチロー選手もこんな輪に入れる実績の選手です。

この上は、意地悪ジーさんのジラルディ監督のもとを離れて、残る野球人生を尊敬される生き方をしてもらいたいと、切実に考えている・・・o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/07

結果的にワシントン監督を辞任に追い込んだダルビッシュ投手??・・・他方、黙々と実績をあげて、信頼を積み上げている岩隈投手!!!

かねてから心配していたことが・・・・

あれだけ実績のあるレンジャーズのワシントン監督が、今シーズンの不成績の責任を取った形で突然辞任した・・・w(゚o゚)w

いつも冷静で選手の責任を必ず庇い、弁護する姿には真摯な人間性を感じ、いつも注目してみていました。

特に、わがままで、現役選手でありながら、勝手な発言を繰り返すダルビッシュ選手を庇っていたのは・・・・

ダルビッシュはメジャーでも同じことを繰り返しているが、折角素晴らしい成長を遂げているにもかかわらず、こんなことを言っているうちに、実績が伴わなくなってくれば、嫌われ者になり、選手間でものけ者になるでしょう???

それに反して、マリナーズの岩熊投手は、弱体で、若い選手ばかりのために、前半戦ではバラバラなチームでしたし、彼が投げる時には何故か得点をとってくれずに、悔しい、気の毒な状態が、昨シーズンから続いていました。

それにもかかわらず、黙々と投げ続けている内に、彼に対する信頼が増して、またあのテンポのいい投球は、野手たちにもいい影響を与えて、彼の時には良く打ってくれています。

その投球内容も素晴らしく、特に、制球は今ではメジャーでNo,1として、信じられない記録内容を誇っています・・・w(゚o゚)w

今シーズンのマリナーズの成績はいまいちですが、徐々にチームつくりの成果が実っているように。

特にヤンキースから加入したカノー二塁手の堅実な働きは、チームの雰囲気を一新させたとも言えます。

地味で無言実行ともいえる彼の野球のスタイルは派手ではないが、チームのかなめとして、素晴らしいものがあります。

一方、彼を出したヤンキースは、その後とった選手が悉く酷いもので、その上、監督の使い方がめちゃくちゃで、カノー1人?を出し、例によって大金を払ってかき集めたにもかかわらず、核になる選手がいなれば、これほど酷くなるものとは????

先日まではイチロー選手もマリナーズに戻ることを勧める記事を書く記者もいましたが、今ではむしろ入っても、あまり????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/22

イチロー病がヤンキース病に???

ヤンキースはシーズン初めから、しばらくは投手陣の頑張りで少ない得点で勝ってきました。

打線もあまり打てなかったのですが、それでもチャンスに得点し、ホームランが上手く出て、地区のトップも走っていました。

そのうちに投手陣が壊滅、それでも代わりの無名ともいえる投手の頑張りで何とか・・・・

打線は水物と言われるように、チャンスに全く打てない、散発の安打ばかりで、安打数では勝っていても、最少得点、完封負けが・・・

打線が元気であった時にイチローが起用されるようにもなっていましたが、チャンスに全く打てないで、どうでもいい時にヒットだけは打つので打率だけはチームのトップに・・・・

このことは、散々書きましたが、今では全くの控え選手になっていました。

ここにきて、地区優勝どころか、ワイルドカードのチャンスもほとんど消えかかってきたときになって、負け試合などで起用されてヒットだけは・・・・

イチローのチャンスに打てない症状がヤンキース全体に影響しているようにも????

疫病神のようにも・・・???

マリナーズを出た時にも、チーム内にいたたまれなくて、出て行ったとも言われていますが???

最近ではマリナーズに戻るのがベストだという記事すら出ています。

マリナーズのファンは待ってくれていますが、それまでにもう一度、トップを争えるチームで活躍してくれることを期待しています!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/08/18

これがヤンキースの今シーズンを象徴する試合・・・・酷い!!

http://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/inning/?id=2014081606

この試合、ヤンキースは完封負け。

今シーズンの象徴的な試合、負け方・・・(#゚Д゚)y-~~イライラ

5回のノーアウトのランナー(ヒット)を2塁にも進めずに、得点できずに・・・

無策、お粗末、酷い・・・どんな言葉を持ってしても、表せないくらいに・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

これこそ、監督のジラルディのやり方・・・・(´,_ゝ`)プッ

これを唯々諾々としたがってプレイする選手も選手・・・

この試合も含めて、今シーズンの状態を見ていると、今シーズンで辞めるキャプテンのジータ―選手の姿に、無責任と言わざるをえないような表情を・・・・

試合中、打席でも、守備についても、にこにこ、にやにや、相手選手と談笑する姿に、試合をしているという緊張感が全く感じられないのは、自分だけだろうか??

打撃成績ではそれなりの結果を出しているが、守備ではお粗末なプレイが多いのはどうしてかな??

やはり、辞めるということを決めた選手が1シーズンを今まで通り緊張して、また、キャプテンとして、監督を補佐して、選手間をまとめることができなくなるのは仕方がないでしょう。

しかも、日替わりで選手を変える監督の采配と、シーズン中にライバル球団などからきた選手など、寄せ集めで試合をするということでは、キャプテンなどやってられないと、適当にと・・・笑っているしかないのかもしれない・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

いずれにしても、こんな監督のもとで、チームカラーのもとで、また、来シーズンの姿すら見えないチームでプレイすることを続けているイチロー選手の気持ちが理解できない。

残り少ない時間がどんどん無くなっているにもかかわらず、どんどん彼の評価が下落し、トレードすら求められない状態になってゆくのを見てられない!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/14

またも心配していたことが・・・ダルビッシュ投手に・・・・

先般書きましたが、ダルビッシュは体格こそ立派になりました。

しかし、以前から、試合の後半、またシーズン後半になると、スタミナが無くなり、手投げになってしまうので、球に威力が無くなり、打たれることが多かった。

そのため、相手チームは球数を多く投げさせることを狙って、攻略をしてきます。

後半になると、それを補うために、テクニックを駆使して??、手投げになってしまう。

それがまた、球を軽くする要因になる。

そういうことを繰り返しているために、どうしても肘に負担がかかり、疲れも溜まって、ひじ痛が、腰痛が・・・・

彼は素晴らしいものを持っていますが、彼が打たれるには、いろいろな要因がありますが、多くの球種を投げられることが、肘を、手首を酷使することになっています

彼ほどの良い球を持っているなら、そんなに多くの種類の球を投げなくてもいいと思いますが・・・・

しかも、身長に比較して、少し腕の長さが短いために、やはり腕を早く、強く振ることになり、これも・・・・

このことは彼が試合の前半には、特に鋭く変化する球を投げるので、打たれないことが多い。

また、メジャーに行ってから、オフシーズンに下半身を鍛えているので、腰を使って、全身で投げることを覚えて、随分安定していますが、やはり、基本的に、子供時代からの鍛え方に問題があったとみています。

また、彼のむら気が四球を連発して、自分で崩れてゆくというパターンはいまだに治らないし、疲れてくると特にそれを・・・・

そんなことを思いながらも、日本人として誇れる投手であることは間違いないのですから、気持ちを切り替えて、シーズン当初のように全身を使って投げる素晴らしいフォーム、球を投げて、メジャーリーガーをきりきり舞いさせてほしい!!!!ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/12

ヤンキースの監督の無策・・・典型的な姿・・・

≪今やっている試合ですが・・・≫

試合の経過を一回からよく見てください。

そうすれば、いかに酷い選手起用、采配かが判りますよ!!!

勝っているオリオールズのバック・ショーウォルター監督と負けているヤンキースのジラルディ監督との違い!!!

一点差で勝っていても、投手の状態を見て、次々と交替をさせるオリオールズ(納得)

打ち込まれてしまってから変えるヤンキース((笑))

http://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2014081203

日本のプロ野球のどこかの監督がそうでしたねε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

打者も・・・・

1点差の時の打者の姿を見れば、その愚かさが判る(´,_ゝ`)プッ

ヤンキースはいつも同じく振り回して、凡打、三振で残塁の山

進塁打を打てない、打たない打者。

ホームランでしか点を取れないのかと思えば、そうではなく、1番打者からホームラン狙いモムーリ!o(゚Д゚)っ

たまたま打ったホームランで勝ったことを喜ぶ監督・・・愚かなジラルディ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/05

相変わらずチャンスに全く打てないイチロー、よれよれの松坂・・・・

観ていてこれほどイライラする姿を見せているイチロー選手と松坂投手・・・・(´;ω;`)ウウ・・・

打率、出塁率の記録上はヤンキースで上位ですが、チャンスでの成績はあまりにも酷い。

 

これでは監督も出せないでしょう。

イチローが出ると、チームのムードが上がるのか、得点が入ったり、勝率は良かったのですが、そのジンクスも薄れて・・・・・(´・ω・`)ショボーン

しかも、誰に遠慮しているのか、盗塁をすべきところで走らないで、塁上にとどまって、残塁になるケースがほとんどです。

一方、松坂は復帰して、それなりのボールを投げていますが、相変わらず、コントロールが悪く、折角、味方が得点を取ってくれたのに、次の回で先頭打者に四球を出して崩れて、逆転されて負けるなど、これでは監督の信頼は得られない。

過去の栄光(ただし、日本でのことですが)を捨てきれないで、学習しない投球には問題がある。

あのプレート上での堂々たる姿を見てきたファンにはたまらない・・・(´;ω;`)ウウ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/25

黒田投手よ、今の投球リズムでは勝てない???

日本の投手の投球間隔の長さはあまりにひどすぎる・・・w(゚o゚)w

特に黒田投手の投球間隔と投球のリズムは抜群に悪く、見ている方がイライラする。

もちろんバッターもイライラする。

観衆からはブーイングがしばしば・・・・

調子が悪いので、何とかしたいと思う気持ちとキャッチャーとのサインも????

これでは守っている野手も集中力が無くなり、記録には表れないボーンヘッド、エラーも多い??

このところ、彼の投げる時には見ていてもイライラするくらいに間が長いヽ( )`ε´( )ノ

エラーが非常に多い。

日本の他の投手もメジャーの中で投球間隔が長いワーストの方から並んでいる。

これを改善しなければ、好投しているようですが、結果がついてこないということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/15

あんな使い方をすれば、イチローでも壊れる???・・・ジラルディよ、早くXXXX

ヤンキースが予想通りに転落の一途・・・・・(*^-^)

選手も思いつきで、その日暮らしのような使われ方をしたら、体調を壊したり、どこかを可笑しくしたりするでしょう!!!

これまで全く怪我のなかったイチローも、さすがにいつ呼ばれるかわからない???というような精神状態に置かれていて、しかも突然、守備だ、代走だ、代打だ??としたら、身体は急発進、急ブレーキを繰り返すようなもの・・・・

とうとう、こんな羽目に???

だから言ったじゃないか・・・・

日本のどこかの球団じゃないが、使い捨てを平気でやってきたヤンキースは地道に生きる選手には全く向いていない球団ですよ!!!

カノーがマリナーズでのびのびプレイしているのを見ると彼は正解でしたね!!!

レッドソックスからきた、エルズべリー選手も今はいいが、長いシーズンでいつものように体調を壊したり、怪我をしたときに、どのように使われ、消耗してゆくか心配ですね??

素晴らしい選手だけに・・・・

しかし、ジラルディ監督が辞めても、このチームのカラーがかわることはないでしょう???

| | コメント (0) | トラックバック (0)