ふくろう

自然界や動物園などで見たふくろう達の・・・

2011/01/24

可哀そうなふくろう君(コミミズク)・・・映像

残念な姿ですが、せめて洗ってあげて一部を保存したいと思っています。

今度は元気な彼のを見てみたいと・・・・

(全体)

004ccc_2

(主翼の一部)

007cc_2 008cc_2 

(尾羽の一部)

016c_2

(足:梟独特の足)

009cc_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/23

可哀そうなふくろう君(コミミズク)・・・

自然とは残酷なことも・・・・shock

発見した鳥はふくろうの一種《コミミズク》でした。

残念で、可哀そうなことに。。。。。。

最初は暮に飛んでいたタカの一種ではないかと思いましたが、調べていただいた結果、ふくろうでした。

この地域で初めて発見したふくろうがこんな姿とは残念です。

しかし、考えてみると、それだけ自然が豊かなのだと考えています。

今後はまだ生息しているのだと確信して、見つめてゆこうと思います。

少し残酷ですが、その映像を掲載し、皆さんの地域にもこんな鳥がいるかもしれませんので、探して見られてはいかがですか、そのご参考にしてください。

合掌。

なお、調べていただいたズーラシア動物園にはここでもお礼を申し上げます。

また、貴重なふくろうの生息の話も伺いました。

折角の機会ですので、僅かな時間でしたが、駆け足で園内を・・・・・

ほとんど人気のない園内でしたが、ツシマヤマネコ、オカピ、シロクマ、トラなどが身近で見られ、また普段はなかなか見られないようなサービス???もしてくれました???

*残酷な画像ですので、掲載を躊躇いましたが、なるべくそうでないようにしましたので、現実をご覧いただくことも・・・・sad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

あの羽根はフクロウの仲間のもの・・・・

先日、発見した鳥の死骸は羽根、足などからフクロウの仲間ということまで判明しました。

梟の仲間の発見ははじめてでしたので、うれしいのですが、フクロウをこよなく愛してきたものとしては、こんな姿のフクロウと初めて会うとは、残念ですし、悲しいですsad

でも、これは、まだまだ自然が身近にも残っているという今までの考え、主張の証しであるので感激でもあります。

これから正確な名前を調べてもらいますので、その時には写真も載せますので、少しお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/17

無残!!こんな鳥が・・・・タカの仲間??

先日、友人から鳥の死骸があり、見たことがないものなので、とりあえず羽の一部を拾ってきましたと・・・

016c

翌日、早速現場に行きましたところ、無残にも何物かに食い荒らされ、羽が散乱していましたsign02

出来る限り拾い集めてきましたが、名前がまだわかりません??

いま、調べてもらっていますが・・・

実は、昨年暮れに散策の折に、上空を見なれない鳥が舞っているのを見ましたが、トビくらいの大きさですが、トビではないようでした。

その後、すっかり、忘れていましたら、近くでこんなものをと・・・・

残念ですが、せめて、鳥の名前を知り、羽だけでも保存したいと調べてもらっています。

この取り扱いについて心配なので、ズーラシア動物園にお聞きし、教えていただきました。

今年は水鳥、小鳥が少ないと書きましたが、今日は林の中で静かにしていましたら、コゲラのつがい、メジロ、シジュウカラの集団に囲まれて暫しうっとりしていましたら、目の前のやぶでカサコソ???・・・・コジュケイが2羽、目の前から飛び立ちました。

その前には、2,3mの近くで《一寸来い、チョットコイ》という鳴き声が、・・・・こちらの気配を察知したのか、どうしても見つかりませんでした。

おそらく、伏せの体勢で隠れていたのでしょう??

ホホジロ、ジョウビタキ、ウグイスなど、多くの鳥たちに出会い、ハッピーな散策にヽ(´▽`)/・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/30

暑さに負けないために、美味しいものを・・・

sun暑いさなか、小田急線に乗って、30分ほどのところにある温泉で有名なところです。

温泉地とは違って、住宅地の中、普通の民家のようなお店で営業されている料理店へ・・・・

門番???

お料理023と合わせてフクロウがいろいろ飼われているというので、それも楽しみに!!!

季節のミニ懐石料理でした。

フクロウは庭の木陰に繋がれていて、穏やかに!!!!smile

003c 004 005  010 015 013

帰路、面白いものを発見!!!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

散策(つづき)・・・石のフクロウたち・・・・

014c 畑の中に何か????

近づいてみると、これ・・・・

013

いまは、あちこちで見られるフクロウの置物ですが、こんなに大きく、立派なものは始めてみますねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/14

なに鳥の羽根???

015 016_2 017_2 018_2 019 020 021

散策の途中で、足元に鳥の羽が飛び散っていました。

何かに襲われたのでしょう??

拾ってみると意外に綺麗なものなので、集めてみました。

何という鳥かを知りたくて、ネットを調べましたが、よくわかりません。

カモ類のようにも????

可哀そうでしたsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/16

シマフクロウ・・・こんなことを日本では自然保護、保全という???

昨日の新聞記事で、今までシマフクロウがいなくなっていた北海道のあるところに(現在の生息地と離れた場所)、メス一羽が住み着いて(?)いるので、他地区から、オス一羽を連れてゆき、放したところ、仲よくしているという。

これで、繁殖してくれ、新しい生息地ができるだろうと期待しているという???

これだけを聞くと、なるほどと・・・・

時に・・・・シマフクロウは、日本の北海道にしかいないのか???

そんなことはありません。

北海道より北には、まだまだ多くが生息しています。

それらが行ったり来たりも・・・

確かに、このまま放置すれば絶滅もあり得ます。

でも、生息環境を狭めたのは、その場所の自然環境を破壊して、彼等が生息できないようにしたからです。

その環境を再生しないで、シマフクロウだけをワン・ペア連れてきて、殖やそう、殖えるだろうと期待し、労力、資金を投入したり、マスコミが騒ぐのは????

これが日本の自然保全、保護の意識レベルかと思うと、情けなくなる!!!!

彼等をぽつんと生息させて、楽しいでしょうかね???

なぜ、その前にしなければならないことを考えられないのだろうか???

この姿に、コウノトリ、トキの絶滅から、今、人為的に繁殖させ、放鳥させて、自然だと、自己満足しようとしている人たちの考え方、神経に?????

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記事の中で、たった1人なのか???こんなことを、気が付いている人がいるようですが????

(記事を読んでもらえないのが、残念ですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

楽しかった掛川花鳥園(1)・・・・・

8/29、久しぶりで仲間と掛川花鳥園に行き、子供に戻って、楽しんできました。

早朝6時に出発し、鈍行列車で、乗り継ぎ、乗り換えの、野次喜多道中のような旅・・・

でも、景色や、途中で乗り降りする人々の姿などを見ながら、子供の遠足のような行き帰り。

朝霧高原にある富士国際花苑の時も良かったですが、ここでも、他では体験できない、鳥たちとの直のふれあいを・・・・・

すべて、外国の鳥たちですが、姿、形、振る舞い、性格??までも、さすがに社交上手???で、我々を魅了してくれました。

動物園では、いくら近くで見ても、檻の中。

ここでは、自分も檻の中・・・・

同じ目線で、生きる、楽しむ姿に接するのは、格別ですね・・・・

彼等に、1474712_img 1474721_img 取り囲まれ、時には追いかけられてしまうくらいに、親しく??しあえるのは

至上の喜びです。

色鮮やかに、目のさめるような色合いにも、驚きを・・・・

名前を覚えるより、見た目の印象が、目に焼き付く鮮やかさ!!!!

その中でも、特別だったのは、1474725_img ショウジョウトキの鮮やかさと人なつっこさ、・・・目が染まってしまいそう??

そして、オニオオハシ君1474728_img のおどけた顔(失礼)と仕草・・・・・

見たかったレンカク1474716_img 1474717_imgなどなど 1474718_img

フクロウ君のショウも霞んでしまいそう???

花もいいですよ!!

1474714_img 1474715_img オオオニバス1474713_img 他より大きな熱帯スイレンの数々・・・・

帰路、これからも定期的に来てみたいと・・・・・皆さん、楽しんだようです。

言葉で言い尽くせない印象は、映像で補足しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)